レーザー脱毛の仕組みとは

もっとも一般的な脱毛方法として、レーザー方式が挙げられます。

レーザー脱毛はエステサロンやクリニック、美容皮膚科などで受けることができる施術です。脱毛効果が高く、肌への負担も少ないことから、多くの人がレーザー脱毛を選んでいます。なぜレーザーによって脱毛が可能になるのか、その仕組みは「色素」と関係しています。脱毛に用いられているレーザー光には、黒い色素に反応するという特徴があるのです。レーザーを照射すると、ムダ毛の黒い色素に反応し、熱を生じます。

この熱によって、ムダ毛が毛根から破壊されて、毛が抜けてなくなるという仕組みです。黒い色素に反応するという性質から、色の薄い毛や、ごく細い産毛などには、効果が出にくいという傾向があります。しかし、レーザー機器にも様々な種類があり、高出力のものであれば、細かな産毛などにも効果が得られるといわれています。

日焼けをしているなどの場合、肌にもメラニン色素が多くなっていますから、レーザー脱毛施術を受けられない可能性もあります。肌に存在しているメラニン色素に反応が起きてしまい、赤みや痛みなどのトラブルが起きるかもしれないからです。

ただ、肌の色が濃いからといって、必ずしもレーザー脱毛ができない、というわけでもありません。最近では、より効果の穏やかな光脱毛などもありますし、レーザー出力の強さや、ムダ毛の濃さなどとも関係してきますから、まずはクリニックなどで相談をしてみましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *