プチ整形の種類と効果

一昔前は、整形といえばメスを使って切開したり縫い合わせたりする大掛かりなものでしたが、近年はプチ整形といって、メスを使わずにできる整形手術が増えています。

具体的にどのような施術があるのかというと、二重まぶた、しわ取り、豊胸、小顔、顔のリフトアップ、小顔など、様々な種類があります。中でも、最も知名度が高く、広い層に利用されているプチ整形は、二重まぶたの埋没法と、しわとりのボトックス注射でしょう。二重まぶたにする埋没法は、二重の幅を決めた後、その部分に糸を縫いこみ、数か所止めるという方法です。両目で10分程度で終わる簡単な手術で、術後の腫れや痛みもほとんどありません。安全に二重にできる方法であるとともに、万が一二重の仕上がりが気に入らない場合でも、糸を外してやり直すことが出来るのも魅力です。

しわ取りのボトックス注射は、注射した場所の筋肉の動きを抑制するもので、目尻や額、眉間などの表情筋に由来するしわに効果があります。注射をしてから2日から3日で効果が出始め、効果は4か月から6か月の間持続します。表情筋以外のしわには、ヒアルロン酸注射が行われます。ヒアルロン注射も、ボトックス注射と同じように、効果の持続期間は4か月から6か月となります。料金も、メスを使う整形手術よりもずいぶん安くなっているため、初心者でも手を出しやすい整形手術です。イメチェンをするような感覚で、プチ整形を行う人もいるようです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *