プチ整形でししゃも脚を解消

プチ整形とは一般的に、メスを使わない美容整形の事を言います。

皮膚を切開、縫合しないので腫れや痛みが少なく、ダウンタイムの少ない美容整形です。入院の必要も基本的には無い為、施術にかかる費用も比較的リーズナブルとなっています。プチ整形には色々な種類がありますが、その中でも「ボトックス注射」は、「ししゃも脚」を細くする効果があるとして人気です。

ししゃも脚とはふくらはぎ部分の筋肉が発達し、まるで子持ちししゃもののように見える、脚の事を言います。運動をしていた方に多いのが特徴です。筋肉がついて脚が太く見えるので、食事制限によるダイエットでは、細くする事ができません。運動によるダイエットでは、余計に筋肉を発達させてしまう為、脚痩せには逆効果です。

ですが、ボトックス注射によるプチ整形であれば、ししゃも脚もスラリとした美脚に変える事ができます。ボトックス注射は筋肉の動きを抑制する薬剤を、筋肉部分に注入する施術を行います。ふくらはぎ部分にある「ヒラメ筋」などの筋肉に、薬剤を注入する事で、筋肉の動きを弱めます。すると、徐々に筋肉が衰えるので脚が細くなるのです。脂肪がほとんどついておらず、筋肉質で脚が太いという方に、ボトックス注射は優れた効果を発揮します。ただ、ボトックス注射の薬剤は時間の経過と共に、体に吸収されてしまうので、脚痩せの効果は半永久的ではありません。1回の施術で、約半年から1年程度、脚痩せの効果は持続します。ですが数回、施術を繰り返し行えば、脚痩せの効果を長くキープできる、場合によっては半永久的に効果を持続する事も可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *