まぶたを二重にする美容整形

一重まぶたの方の多くが相談する美容整形として、埋没法と呼ばれるものがあります。これは、細い特殊な医療用の糸でまぶたの裏から希望の二重ラインに点で留めていく施術のことです。二重に糸で留める数というのは、患者のまぶたの状態、患者の希望によって異なります。二重を長く保つには6点に留めることが有効ですが、一番人気があるのが2、3点を留める方法です。

この埋没法という美容整形の一番の魅力は、施術時間が短いことです。麻酔の処置をして糸でまぶたを留めるだけで、およそ10分程度しかかかりません。整形にありがちなメスを使わないことから、初めて整形をする方でも受けやすいといえます。その他の魅力は、万が一、理想の二重と違う仕上がりになっても元の状態に簡単に戻すことができます。

というのも、この施術はまぶたを糸で留めているだけだからです。上記のようにメリットが多いのが、埋没法の特徴です。ですが、美容整形施術に失敗しないためには、いくつかの注意点があります。それは、まずカウンセリングで理想の二重まぶたのデザインをきちんと確認することです。

目の二重の幅というのは、少し違うだけで顔全体に影響を及ぼします。なので、施術後にがっかりしないためには、納得がいくまで理想の二重まぶたを医師に伝えることが大切です。その他にも、施術前には保証制度があることを確認したほうが良いです。というのも、保証制度があれば、もし失敗しても再度無料で施術が受けられる殻です。

上記に気をつければ、安心して整形を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *