子供用GPSの機能が気になる

危機管理意識を高めよう

子供用GPSの料金の仕組み

time 2021/08/06

子供用GPSの料金の仕組み

子供用GPSの料金は、買い切りタイプと月額タイプとがあります。買い切りタイプは本体価格に一定期間分の利用料金が含まれていますので、最初に本体を購入した後は決められた期間内なら追加料金を支払わずに利用できます。この期間ですが、一般的に2年から3年となっていて、期限がきても利用したい場合には本体の買い直しが必要です。購入したんだからずっと使えるのではないかと考えていると、期限が来て急に使えなくなりますので注意しましょう。

費用的には期限内の総額は安くなりますので、割安感のあるタイプとなっています。もう一つは本体価格プラス月額料金がかかるタイプであり、まず最初に本体を購入して見守りサービスを利用するための月額料金を支払う仕組みです。本体価格は数千円程度で安いのですが、期間内はずっと利用料金を払わなければなりません。買い切りタイプよりも導入コストが安い反面、利用が長くなるとお得感は失われていきます。

短期間でGPSを利用する必要がなくなった場合には、こちらの方がお得です。このように料金についても2つのパターンがありますので、子供用のGPSを用意しようかと考えているのならどのような使い方をするつもりなのかを考える必要があります。まだ子供が小さくて長く使い続ける予定なら、買い切りタイプを選んでも損はありません。保証がついていると、万が一壊したり紛失しても安価で端末を用意でき、場合によっては無料になります。

down

コメントする