子供用GPSの機能が気になる

危機管理意識を高めよう

GPSを利用して子供の居場所を知る端末があります

time 2021/09/12

GPSを利用して子供の居場所を知る端末があります

子供が1人で行動することもありますが、保護者が常に付き添っていることは難しいことです。キッズケータイを持たせるという選択肢もありますが、学校によってはスマートフォンなどは持ち込みを禁止している場合もあります。1人で行動する子供を遠くにいても見守るには、子供用GPSを持たせることを検討すると良いです。子ども用GPSは子供を見守るために開発された位置情報端末で、キッズケータイと比べても見守りに特化している端末なので、シンプルで授業中に音がなるような心配もありません。

防犯ブザーを兼ねたタイプもあり、ランドセルにつけられるキーホルダーのような形状のものもあり、軽いので手軽に使えます。いくつか種類があり選ぶ際に迷ってしまいますが、選ぶポイントのひとつには、大人の手のひらに収まるような小型で軽量、シンプルなタイプを選ぶことです。シンプルタイプは、位置や経路情報を保護者のスマートフォンの地図上に示す単機能なタイプで主流となっています。音も出ないので、授業中に音が鳴る心配もなく、学校への持ち込みも了承されることが多いです。

単機能タイプ以外にも、位置情報や経路などを送信できるだけではなく、GPS端末のボタンを押すとスマートフォンにボタンが押されたという通知が送られるタイプもあります。子どもが何か不安を感じた場合などに利用できるので、事前にどのような場合にボタンを押すかなどを決めておくと有効に利用できる機能です。位置情報や経路、端末からボタンを押すと連絡が来る機能に加えて、保護者が持つスマートフォンから子供のGPS端末に音声メッセージを送ることができるタイプもあります。GPS端末もいくつかタイプがあるので、状況や目的などに合わせて選ぶようにすることが良い選択です。

down

コメントする