子供用GPSの機能が気になる

危機管理意識を高めよう

個人宅にも防犯グッズが要る時代に

time 2021/11/09

個人宅にも防犯グッズが要る時代に

穏やかで平和だった昭和の時代に比べて、平成の昨今は何かと物騒になりました。凶悪な犯罪が、都会以外でも多発しています。郊外の町は平穏で子育てに適している、今までは確かにそうでした。しかし、今では空き巣や強盗、詐欺やストーカー、通り魔など、口にするのも恐ろしい犯罪があちこちで多発しています。

警察の方でも巡回を強化しているようですが、昨今は警察署の方も人手不足です。交番自体は町中に依然としてありますが、いわゆる駐在している警察官がかつてに比べて確実に減っており、交番がある事による治安維持の効果が、昔に比べてガタ落ちしています。各々が今では自衛しなければいません。米国のように武装する必要はありませんが、防犯グッズを買い揃え、自宅のセキュリティをアップする事は、今日不可欠な作業です。

防犯グッズは色々とありますが、一般家庭でも楽に導入出来るのは、防犯カメラです。自宅の玄関先に設置すれば、それだけで周囲に対して良い意味の威圧感を出せます。空き巣や強盗、詐欺や押し売りなど、こういった個人宅を狙う犯罪者は、いわゆる下見を確実に行っています。下見の時、防犯カメラの目に気付けば、この個人宅は防犯グッズを完備している厄介な場所だと、言わば悪者のターゲットから外されます。

防犯カメラは言わば、強力な畑のかかしのようなもの、ただそこにあるだけでかなりの威力を発揮してくれますし、万が一事件に遭ったとしても、記録された映像が決定的瞬間を撮影するため、後で即犯人を特定、検挙出来ます。

down

コメントする