子供用GPSの機能が気になる

危機管理意識を高めよう

防犯グッズとして導入したい監視カメラ

time 2021/11/12

防犯グッズとして導入したい監視カメラ

水と安全はタダの国、かつて日本の国はそう呼ばれていました。しかし、時代が平成に終わった今、昭和の時代にような安心感は喪失しました。市民の体感的な治安意識は著しく悪化しました。実際に連日マスコミでは凶悪犯罪が報道されています。

テレビや新聞やネットで、凶悪犯罪の報道を見ない日はありません。また犯罪の質がここ数年で変化している点も看過する事が出来ません。昔の犯罪は貧困などが原因で、言わば必然的な理由があって引き起こされていました。しかし、最近の犯罪の動機は、かつてのそれはとは違い、非常に刹那的です。

鬱憤晴らしのために万引きをする、腹が立ったので目があった通りすがりの人物に暴力を振るう等、かつての時代のように、市民が自己防衛出来る範囲を超えてしまっています。治安が悪化した平成の今日、犯罪に巻き込まれないために努力する事が、個人個人にとって大事です。また市民の力でも出来る抑止力を構築する事が求められています。防犯グッズとして、監視カメラを自宅や事務所に導入する、これもまた効果的な戦略です。

実際に多くの人々が防犯グッズとして監視カメラを既に導入なさっています。数ある防犯グッズの中でも安価です。またホームセンターやネット通販サイトで買えますので、いつでも思いついた時に、購入・導入が済ませられます。一般の家庭や事務所でも被害に遭いやすい空き巣や強盗や詐欺、こういった被害も防犯グッズとして監視カメラを設置すれば、事前にそのリスクを避けられます。

down

コメントする