墨田区の整形外科の腰痛治療

墨田区の整形外科は両国駅や錦糸町駅の近くにあり、電車を使って通院しやすいことが特徴です。墨田区の整形外科は腰痛治療に定評があり、ぎっくり腰と呼ばれる腰椎捻挫や、椎間板ヘルニアなどの治療を得意としています。治療内容は症状によって違いがありますが、保存療法や外科手術などによって腰痛を治してくれます。墨田区の整形外科での腰痛捻挫の治療では、アセトアミノフェン製剤やアセトアミノフェン製剤による薬物治療が行われ、薬を服用して安静にしていると数日程度で痛みは治まります。

腰の痛みがなくなったら普段通りの生活を送れるようになり完治します。もし、薬を飲んで1週間以上経っても腰の痛みが治まらない時は、ぎっくり腰ではなく、椎間板ヘルニアを患っている恐れがあります。墨田区の整形外科での椎間板ヘルニアの治療では、保存療法か手術療法による治療が行われます。保存療法ではブロック注射か薬物療法で痛みを抑え、痛みが治まると理学療法が行われ、腰の周りの筋肉を強化することにより再発を防ぎます。

保存療法をしても痛みが治まらない場合は、手術療法で椎間板ヘルニアを治療します。墨田区の整形外科の椎間板ヘルニアの手術療法では、後方椎間板切除術で背中の皮膚を切開してヘルニアを摘出します。症状によっては椎間固定術が行われ、金属で骨を固定します。一部の椎間板ヘルニアは経皮的椎間板療法で治療することもでき、外科手術をせずにレーザー等で治療を行います。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です