人間ドックで受ける婦人科検診

人間ドックでは、婦人科専門の検査を受けることができます。種類としては乳がんの検査と子宮がんの検査を行います。近年の日本では食生活の変化とともに乳がん患者や子宮がん患者が増加しています。発症する年齢も若齢化してきている傾向があり、20代や30代の女性に増えています。

若年性のがんは進行が早いのが特徴で、早期発見がとても大切です。人間ドックで婦人科検診を受ける事によって初期段階で発見し、早期治療を行う事で5年生存率を高めるとともに再発へのリスクを下げ完治を目指せます。乳がんの検査方法としては、マンモグラフィーが有効ですが、二十代や三十代の女性は乳腺が発達しているため、病変との見分けがつきにくい事があります。その為、乳腺超音波エコー検査と合わせて行います。

医師による視触診も行いますが、触診で発見できる腫瘍は1cmを超えている場合でないの見つけられない可能性があります。乳房MRIなどは腫瘍の大きさが5mm程度でも発見することができます。身体への負担も軽いので受診しやすい検査です。子宮がんの検査方法は、子宮頸部から細胞を採取し、顕微鏡で観察することによってがんの発生や、がんになる前の段階で発見できます。

経膣エコー検査では子宮だけでなく卵巣の状態も確認できます。人間ドックでは自覚症状が無い状態で病気を発見できるので、早期治療を行うために欠かせません。定期的に人間ドックを受診することによって健康を守れます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です