病院が嫌いな人ほど人間ドックを受ける価値がある

病院が嫌いならば、人間ドックを受けておくべきです。確かに、「病院が嫌いなのに、わざわざお金をかけて検査してもらうなんて矛盾している」と思うかもしれません。出来るだけ病院に行きたくない、医療費は最低限に抑えたい、と思うかもしれません。しかし、予防医学の観点から見ると、人間ドックを受けておくことで医療費を最低限に抑えつつ、病院に行く回数も減らせることになります。

さいきん医療機関で重視されているのは、治療よりも予防です。病気の前兆を見逃さずに予防することで、必要最小限の医療で済ませようというのが基本になっています。病院に行きたくない理由として多いのは、痛い治療をうけたくないから、というのが理由として多いです。その痛い治療を受けずに済ませられるのは、早期発見による治療です。

例えば早期のがんであれば、抗がん剤や放射線治療をせずとも、がんが嫌がる生活習慣に切り替えることで治ることもあります。がんに対して効果的な生活習慣とは、脂肪や糖質をカットして、野菜・果物などを多めに摂取する食生活などです。この方法は食事療法としても支持されており、生の野菜ジュースや生の果物ジュースを多めに摂取し続けることで、がん細胞の増殖を抑えたり、細胞自体を小さく出来る可能性が高いと言われています。病院が嫌いな人ほど、人間ドックを受けることが大切というのは以上のようなことからはっきりします。

どうしても気が進まないならば、気の合う仲間と一緒に行くなど工夫してみると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です