人間ドックで受診できる脳ドックの種類と検査方法

人間ドックでは、脳梗塞や脳腫瘍、くも膜下出血など脳の病気を専門に調べる事が可能です。脳血管疾患は、突然意識が無くなって倒れる事が多く、日本人の死因として四位になっています。人間ドックで脳の検査を行う事により未然に病気を防ぎ治療することができます。検査の種類は、CTやMRIを使った検査や頭部MRAや頸動脈エコー検査が有ります。

それぞれの検査によって発見できる病気が子となります。頭部CTスキャン検査の特徴は、頭部の断層画像を撮影し、脳内部の血管の健康状態や腫瘍があるかどうかをチェックします。脳内部の深い位置にあるわかりにくい血管の破裂も確認でき、範囲や血液の固まりの大きさも調べられます。脳出血やくも膜下出血、脳梗塞や脳腫瘍の位置や範囲を調べられます。

頭部MRA検査では、血管だけを立体的に抽出することができ、血流の異常や梗塞部分のチェック、脳動脈瘤や脳内血管障害を調べる事が可能です。頸動脈超音波検査では、頸部にエコーをあてる事によって、血管の壁の厚さをチェックし、血流の速さや狭窄を調べられます。動脈硬化の程度を確認し、血管の健康状態をチェックできます。人間ドックで脳の検査を受ける事によって隠れている病気を初期段階で発見し、重篤な症状となって現れる前に対処できます。

年齢や過去の病歴を考慮し、受診する間隔を決める事が大切です。動脈硬化が進んでいる事がわかった場合は、食生活や生活習慣の改善が必要です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です