人間ドックでは健康診断よりも検査項目が多くなります

健康に関心を持っている人の場合には、毎年何かの健康診断を受けている人が多いでしょう。健康診断の種類としては人間ドックや一般健康診断など、個人で受けるものや職場や自治体で行われている健康診断があります。健康診断としては法律で毎年受けることが義務付けられている一般健康診断というものと、医療機関などで受けられる人間ドックのような多くの検査項目について調べるものがあります。労働安全衛生規則という法律によって、事業者に対して年に1回の健康診断を実施することが義務付けられています。

2008年より始まっている特定健康診査では、メタボリックシンドロームに特化した健康診断が行われており、医療保険者に義務付けられています。特定健康診査に関しては、被保険者だけではなくて被扶養者についても対象となります。法律で義務付けられている一般健康診断や特定健康診査は、勤めている会社や自治体、健康保険組合などが費用を負担してくれて受けられるものとなっていますので、無料であったり低額の料金で受けることが可能なものとなります。ただし、これらの健康診断では日本人の多くがなりやすいと言われている高血圧や糖尿病、がんなどの生活習慣病についての項目が含まれていません。

自分の意思で受けることが可能な人間ドックでは、一般健康診断と比較して身体の詳細な部分について検査が行われるために、内視鏡検査や眼底検査、腹部超音波検査などの項目が含まれています。近年では検査方法や診断機器が進歩したために、短時間で効率的な検査を受けられるようになっていることで、日帰りドックや半日ドックのコースもあります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です