若年者の中絶が増えている

女性の問題として、若年の妊娠があります。晩婚化が叫ばれている一方で、性体験の若年化によって起こっている問題ですがそれに伴って中絶の増加問題があります。中絶によって生じる問題としては、身体的に生理周期の変化があります。また、感染症にかかりやすくなるという事や、身体的な不調が起こる事があります。

また、長期的には不妊のリスクが増大したり、出産時の出血量の増加が見られます。また精神的にも罪悪感を強く感じてしまったり、精神的に落ち込む事から自殺リスクが増大する事が言われています。そのように、中絶は必ず防がなければならない社会的な問題ですが今も増大している理由として女性側の意識よりも、男性側が適切に避妊行動を行えないという事があります。男性にとって中絶の苦しみは理解が難しいものですので、そこまで真剣に考えていない事が珍しくありませんので、理由を考えるのであれば当然のことかもしれません。

しかし、若年者の場合はそもそも知識が無いことが関係しています。また、中学生の時点で、避妊を理解できていない事は珍しくなく、安易な性行為によって妊娠し、中絶せざる得なくなることはよくある話となっています。そうなった時に新たな問題として、親にも言えない事から、費用を捻出するために犯罪行為に手を染めたりしてしまう事があります。そうならないためには性教育が適切に行われなければなりません。

現代の学校で行われている教育が十分なものとは言いがたいのが現状ですので、いかに家族が適切に行えるかが大切といえるでしょう。AEDのレンタルのことならこちら

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です