AEDのレンタルは便利なサービス

目の前で心臓が停止してしまったような人を見かけたときに、どのように行動すればいいのか知っている人は少ないかもしれません。救急隊員や医師と看護師などの医療関係者であれば、すぐに心臓マッサージと人工呼吸を行うことになると考えられます。人工呼吸についてはやらないパターンもありますが、心臓マッサージだけは絶対にやることになるはずです。なぜなら心臓が停止しているような状態でも、心臓マッサージをすることで蘇生できる可能性があるからになります。

当然ながら何もしなければ大抵の場合はそのまま亡くなってしまうと考えられるので、自分が倒れたときに周囲にそのような知識を持っている人が存在しないと危険です。心臓マッサージはやり方が決まっていますから、正しい場所で適切な力加減でやらなければいけません。実は日本では心臓発作を起こしてしまうようなことは珍しくなく、若年層でも心臓発作を起こすことはあります。そのようなときにAEDを用意することができれば、誰でも音声ガイドに従って助けることが可能です。

AEDはレンタルすることができますが、そのような情報も広く知れ渡っているような状態ではありません。そのため一人でも多くの人がAEDをレンタルするような状態になれば、心臓に問題が起きたような場合でもすぐに対応することが可能です。AEDをレンタルするだけで命を助けられる可能性が高くなりますから、多少の出費が発生しても問題はないと考えられます。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です