AEDのレンタルはコストパフォーマンスが優秀です

AEDをある程度の期間にわたり使い続けたいのであれば、自社で購入するとよいでしょう。購入の場合は初期費用を分割払いにして負担を少なくすることができます。ただし購入するとメンテナンスも自社で行わなければならない点に注意が必要です。様々な機種の中から最適なものを選びたい場合や、ある程度の期間にわたり使い続けたい場合には購入が適しています。

一方で短期間だけAEDを使用したい場合には、レンタルサービスを利用するとよいでしょう。この装置は企業や様々な施設において心室細動による急な心停止が起きた場合に、電気ショックを与えて応急処置をするために設置されます。以前は駅や公共施設などに設置するのが一般的でしたが、最近では企業のオフィスや店舗などにも設置されるようになっています。オフィスなどにこの装置を導入すれば、スタッフや来訪者などが急に心停止を起こした場合でも素早く対応できます。

AEDには様々な機種が存在しますが、いずれも耐用年数が定められているためいつまでも使用し続けることができるわけではありません。リースは長期的な使用に適した契約スタイルなので、一定の耐用年数が定められている装置には不向きです。ある程度の期間にわたり使い続けたい場合は購入を、短期間だけ使いたい場合にはレンタルサービスを選ぶのが合理的とされています。この装置を借りる場合の月額料金は5千円から7千ほどとされており、メンテナンス費用も含まれます。

短期間だけAEDを使用したい場合に、レンタルはコストパフォーマンスの優れたサービスです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です